略 歴
出身地 長野県佐久市
生年月日 昭和29年9月5日長野県川上村生まれ
初当選 昭和58年(当選当時歴代最年少28歳) 現在8期目
議員活動歴

昭和58年 墨田区議会議員当選(28歳)
平成8年 墨田区議会 第48代議長
平成10年 区議会自由民主党幹事長
平成16年 墨田区監査委員
各常任委員長/予算・決算委員長/都市計画審議会委員/まちづくり公社理事・評議員/社会福祉事業団理事・評議員他付属機関委員
平成20年 区議会永年在職議員表彰(25年)
平成21年 区議会自由民主党幹事長
平成22年 墨田区議会 第62代議長
平成23年 墨田区長選挙立候補落選
平成27年 墨田区議会議員当選(8期目)

実 績
昭和59年 本所消防団第7分団入団 【現在部長】
平成12年 本所二町会副会長 【現在相談役】
平成12年 外手小地区連合子供会会長 【現在顧問】
平成15年 外手小学校PTA副会長【現在相談役】
平成12年 墨田区功労者特別表彰【区議として20年】
平成12年 墨田区功労者表彰【消防団員として】
平成15年 全国市議会議長会表彰
平成20年 全国市議会議長会表彰
平成21年 墨田区水泳連盟会長
平成27年 5ブロック水泳連盟会長
平成27年 墨田区功労者特別表彰【消防団員として30年】
趣 味
スキー・スケート
少年野球(顧問)
バスケットボール
皇居マラソン
少林寺拳法(顧問)
スローガン
清心・実行・活力
真眼清心
政治理念
わかりやすく説明をして、しっかりと区民のご意見を聞く。
学 歴
長野県立野沢北
高等学校卒
獨協大学法学部
法律学科卒

満天の星空と高原野菜で有名な信濃川上。
私は、ここに男5人・女5人の10人兄弟の末っ子として産まれ育ちました。

父親は小学校の校長先生を務め、兄弟は父の名前の入った卒業証書を受取り今も大切にとってあります。
教育者である父の教えは、“勉強をしなさい!”と言うより“人の迷惑にならないようにしなさい”ということでありました。

地元、野沢北高等学校を卒業後、獨協大学法学部に進み、憲法学を学びました。
法学部で学んだことがきっかけで、後に政治家の道へと進むことになりました。

故郷長野信濃川上は、この度宇宙に飛び立ちました、油井 亀美也氏の生まれ故郷でもあり、野沢北高校の後輩でもあります。
今でも、時間を見つけては自然豊かな郷土に帰り地元の方々との交流を続けております。

私には三人の娘がいます。
忙しい政治活動の合間、娘たちと過ごす時間は私にとって
何よりも心の休息であり、厳しい仕事に挑む活力となるものです。

娘3人とも中高一貫教育で学べる環境に進み、それぞれ大学を卒業し社会人として働いております。
いつまでも、私が守っていかなければいけない娘たちと思っていましたが、平成27年の区議会議員選挙では、3人の娘たちが一致団結し私を支えてくれました。

この選挙は今までにない厳しい選挙でした。娘たち3人の行動・想いが地域の皆さんに届き今回当選の原動力となったと言っても過言ではありません。

心から感謝しております。

昭和58年当時最年少28歳で墨田区議会に当選をいたしました。
私は新自由クラブの公認で、当選し新自由クラブと民社党との合同会派に属し
2年間活動を致しました。その後昭和60年新自由クラブの解党に伴い昭和62年2期目の選挙より自由民主党の公認で出馬し現在に至っております。

私の主な活動は、
・たゆまない行政改革の推進。
・無駄のない必要最小限の人員で活動する小さな政府の実現。
・税金の使途に厳しく意見を戦わせ、税金の無駄使いゼロの実現。
・区民に身近な行政であり、区民の声を反映できる区政実現のため活動を致します。

“清心動”の精神の元、お年寄りから若者世代・家族が住みやすい墨田にするために東走西奔し、笑顔あふれる区になるよう努力を惜しまず頑張ります。