区政の発展に寄与したとして、表彰、感謝状を授与されました

区政の発展に寄与したとして、表彰、感謝状を授与されました。

追悼の辞

本日ここに、都内戦災及び関東大震災遭難者の春季慰霊大法要が執り行われますに当たり、地元墨田区議会を代表いたしまして、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

ここ墨田区は、昭和二十年三月十日未明の大空襲におきまして、区内の過半が焼き尽くされ、筆舌に尽くし難いほどの悲惨な被害を受けました。また、大正十二年九月一日に発生いたしました関東大地震におきましても、多くの尊い人命と大切な財産が失われております。

改めて、これらの災禍で犠牲となられました数多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

私たち墨田区民は、悲しみを乗り越え、今日の平和な社会を築いてまいりました。そして、再び戦争や災害で悲嘆にくれることのないよう、平和と安全を希求し、福祉の向上を願い、たゆまぬ努力を積み重ねてまいりました。

しかしながら、今もなお、世界の幾多の地域において、紛争やテロ行為は絶えることがありません。先般もロシアによるウクライナへの侵略により、幼い子どもたちを始めとした多くの尊い命が失われており、言いようのない悲しみと、強い憤りを感じざるを得ません。

また、我が国におきましては、近年続く、記録的な大雨などによる自然災害が、各地に甚大な被害をもたらし、日頃からの災害に対する十分な備えや、地球温暖化防止に向けた着実な取組を、更に進めていかなければなりません。

加えて、新型コロナウイルス感染症への対応として、医療従事者の方々をはじめ、多くの皆様方にご尽力をいただいているところではございますが、現在のところ収束には至っておりません。

感染によりお亡くなりになられた方々のご冥福と、現在、闘病中の方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げ、人類がいち早く、この感染症を克服できることを心から願っております。

改めて、平和の尊さ、平穏な日々の大切さを痛感し、戦争や震災の悲惨な記憶を風化させることなく、次代を担う世代に語り伝えるとともに、不断の努力を重ねていかなければならないと強く感ずるところでございます。

東京都慰霊堂がございます、地元墨田区議会といたしましては、区民の生命と財産、そして、すみだのまちを守るため、「安全で安心なまちづくり」に向けて、日々最善を尽くしてまいる所存です。

私たちは、今日の平和な日々が、尊い多くの犠牲の上に成り立っていることを改めて心に刻み込みます。

そして、今ある繁栄と平和を守り、世界の恒久平和に貢献するため、より一層の努力をいたしますことをここにお誓いし、追悼の言葉といたします。                                                                                          

令和四年三月十日
墨田区議会議長  木内 清

 

ロシアによるウクライナ侵略を非難する声明

ロシアによるウクライナ侵略を非難する声明

ウクライナをめぐる情勢については、昨年末以来、国境付近におけるロシアの軍備増強が続く中、我が国を含む国際社会による、緊張の緩和と事態の打開に向けた、懸命な外交努力が重ねられてきたところであるが、2月24日、ロシアは、ウクライナへの侵略を開始した。
ウクライナでは一般市民を含む多数の死傷者が出ていることと、ロシアが核兵器の使用を示唆していることに対しては、我が国は唯一の戦争被爆国であり、第二次世界大戦における東京大空襲等により、多くの尊い命を失った経験を持つ墨田区として、強い憤りを覚える。
このようなロシアの行動は、明らかにウクライナの主権及び領土の一体性を侵害し、武力の行使を禁ずる国際法の深刻な違反であり、国連憲章の重大な違反である。
力による一方的な現状変更は断じて認められず、この事態は、国際社会の秩序の根幹を揺るがしかねない極めて深刻な事態である。
よって、墨田区は、ロシア軍による侵略を最も強い言葉で非難するとともに、ロシアに対し、即時に攻撃を停止し、部隊を ロシア国内に撤収するよう強く求めるものである。
また、政府におかれては、ウクライナに在住する邦人の安全確保に全力を尽くすとともに、ウクライナの平和を一刻も早く取り戻すために、国際社会との緊密な連携を強く求めるものである。

令和4年3月3日
墨田区長 山本 亨
墨田区議会議長 木内 清

 

墨田区新年祝賀式

墨田区新年祝賀式
(令和4年1月4日(火)すみだリバーサイドホールにて)

皆様、あけましておめでとうございます。墨田区議会議長の 木内 清 でございます。
本日、ご列席の皆様方におかれましては、新春を晴れやかにお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
本日は、町会長・自治会長の皆様方をはじめ、国会議員、都議会議員、さらには、区内企業、消防・警察の皆様など大変多くの皆様方にご参会いただいているところでございますが、皆様方を代表いたしまして謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
まずは、昨年中、墨田区議会に対しまして、皆様には格別のご理解とご支援を賜りましたことを心から御礼(おんれい)申し上げます。
昨年を振り返りますと、ここ東京でオリンピック・パラリンピックが開催され、墨田区では、両国国技館におきましてボクシング競技が行われました。その後も、区内で全日本ボクシング選手権大会やタイトルマッチが開催されるなど、区が「ボクシングの聖地」として認知されつつありますことは、まさに東京大会のレガシーであり、すみだの新たな魅力創出につながるものと大変期待をしているところでございます。
区では、昨年十月に地球温暖化対策の一環として、区民・事業者・区が協働で脱炭素社会の実現を目指す「すみだゼロカーボンシティ2050(にせんごじゅう)」を宣言いたしました。
区議会といたしましては、区が「SDGs(エスディージーズ)未来都市・自治体SDGs(エスディージーズ)モデル事業」に採択されたことも踏まえ、これらの取組の推進とともに、持続可能で、安全安心なまちの実現に向けた様々な施策を後押ししてまいりたいと考えております。
さて、新型コロナウイルス感染症の状況は、一時(いっとき)よりも明るい兆しが見えてきたところではございますが、まだまだ予断を許さない状況が続いております。区議会では、区民の皆様方の生活と健康を守ることを第一に、収束に向けた対策に引き続き取り組んでまいりますので、皆様方の変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。
結びとなりますが、本年が、我がまち・すみだが、より魅力的で素敵なまちとなる、飛躍の一年となることを期待いたしますとともに、ご列席の皆様方にとりまして、実り多き素晴らしい年となりますことを、心からご祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。

2022迎春

本年もよろしくお願い申し上げます。

中学生議員のみなさんへメッセージです

【令和3年度中学生区議会】
中学生議員のみなさんへメッセージです。

令和3年10月5日、区長と区議会議長が「すみだゼロカーボンシティ2050宣言」を表明

令和3年10月5日、区長と区議会議長が「すみだゼロカーボンシティ2050宣言」を表明しました。
本年5月に「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定された本区は、地球温暖化を防ぐための行動を加速させ、2050年に二酸化炭素排出実質ゼロを目指します。
(墨田区HPよりhttps://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/sumida_kihon/sengen/zero2050.html)

 かけがえのない地球を子どもたちに引き継ぎ、環境にやさしい持続可能な「すみだ」を実現するためには、区民・事業者・区の協働が欠かせません。
区は今後、区民目線で実践可能な取組の普及や環境教育の取組を強化するとともに、区の事業所としての環境に配慮した取組を率先して進め、脱炭素社会に向けたまちづくりを推進していきます。

墨田区が「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定されました

入江選手、並木選手、田中選手が墨田区を表敬訪問

8月18日産経新聞より

入江選手「墨田区に恩返し」ボクシングメダリスト表敬

東京五輪ボクシング日本代表で女子フェザー級金メダリストの入江瀬名選手(20)と女子フライ級銅メダリストの並木月海(22)、男子フライ級銅メダリストの田中亮明選手(27)が07日、墨田区を表敬訪問した。

 

 

2021年7月19日トーチリレーセレブレーション

2021年7月19日トーチリレーセレブレーションにて墨田区議会議長としてご挨拶いたしました。
また、パラリンピックの三浦選手も墨田区長を表敬訪問されました。

 

招集議会におきまして、栄誉ある墨田区議会議長に就任をさせていただきました

私は、この度の招集議会におきまして、栄誉ある墨田区議会議長に就任をさせていただきました。誠に身に余る光栄であり、その使命と職責の重さに身の引き締まる思いでございます。image0
新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、近年、甚大な被害をもたらしている風水害への対応といった、山積する区政の課題に対し、迅速かつ果敢に取組み、区民の皆様の安全安心な生活の確保に向け、その原動力として、また推進役として、しっかりと仕事をしてまいります。
そして、議会基本条例の基本理念であります、より開かれた議会、議会活動の活性化の実現に向けて、決定した議会改革の内容を遵守し、不断の努力でその取組を推進してまいります。
更なる区政の発展を図ってまいりますので、区民の皆様方におかれましては、引き続き、ご支援とご協力と賜りますようお願い申し上げます。

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶